老人ホームで過ごすこと

###Site Name###

今は日本各地に老人ホームができ、そこで過ごす高齢者の方も多くなってきました。
その一方で、まだ老人ホームに両親などを入居させるのをためらう人たちもいます。

しかし、ケアや施設、スタッフなどきちんとした老人ホームを探し、本人も家族も納得できるところに入居できれば、双方にとってプラスになることが多いです。



まず入居者本人にとっては、初めは慣れない場所に住むこともあり戸惑いもあるかもしれませんが、次第に入居者同士やスタッフとも気心が知れてくれば、いつでも話し相手がいるという安心感があります。

それは、心身への刺激になり、健康な身体を維持していくことにもつながります。

また施設はバリアフリーや高齢者に優しい設計になっているので、在宅で過ごすよりは危険が少ないと言えます。



また、スタッフが常駐しているので、体調不良のときにもすぐに手当てを受けるか病院へ搬送してもらえます。

また家族の側としては、在宅であれば絶えず高齢者のお世話をするという責任感やストレスがなくなります。



やはり双方がゆとりを持っている状態でないと、相手にも優しく接することはできません。


そのため、心の余裕があるということはとても重要です。

その上で、週に1回でも、2週間に1回でも定期的に面会に行き、顔を見せて少しでも一緒に過ごす時間を作ることが大事です。

そうすることで、入居者も家族とのつながりを感じ、心も満たされることが多いです。

このようにメリットが多くあるので、適した老人ホームを見つけ入居することも一つの案だと言えます。