有料老人ホームは種類やサービスなどに違いがあります

###Site Name###

有料老人ホームは、60歳以上の高齢者の介護サービスや生活支援サービスなどを受けられる民間経営の高齢者施設で、入居者の年齢や健康状態によって3つの種類に分かれます。

1つ目は、介護付きの老人ホームで介護が必要な人を対象にした施設です。


施設のスタッフによる食事や入浴や機能訓練などのサービスを受けられます。


2つ目は、住宅型の老人ホームで介護が必要かどうかに関わらず入居できます。
介護が必要な人は、訪問介護やデイサービスなどの在宅介護を利用します。3つ目は、健康型の老人ホームで元気に自立している人が対象です。

食事などを提供するサービスがありますが、介護が必要になってくると退去する必要があります。

それぞれの違いを理解して選ぶことで、トラブルを未然に防げます。

また、事前に取捨選択することで資料の取り寄せや現地見学などの時間や労力を省けます。



有料老人ホームを選ぶ際には、資金計画も大切です。



年金や家族の援助などの収入と費用について予め計画を立てましょう。
費用は、入居時に支払う入居一時金と管理費や食費や光熱費や水道代などの毎月支払う月額利用料があります。有料老人ホームでは、医療に関する処置は行えませんが協力する医療機関を定めていますので、普段の健康管理だけでなく緊急時にも安心です。

医療費は自己負担になりますので、備えとして資金計画に入れておきましょう。



また、有料老人ホームでは快適に生活できるように家事サービスなども提供している施設もあります。

家事サービスもそうですが介護サービスなども施設によって異なりますので、事前に資料を取り寄せたり施設見学を行って知っておくと良い判断材料になります。