有料老人ホームの種類について

###Site Name###

特別養護老人ホームは地方公共団体などが運営する介護をするための施設です。

そのため65歳以上の要介護の方が対象となっています。


それに対して、有料老人ホームは主に民間企業が運営しています。

介護や食事などのサービスを受けながら生活をするのが目的の施設なので自立の方から要介護の方まで入居できます。

新築のホームが多く、基本的には個室です。

それぞれのホームで特養にはないサービスがある分、少し高額になっています。

有料老人ホームは3種類に分けられます。健康型有料老人ホームは介護不要の自立できる方が対象のホームです。

そのため介護が必要になった場合は退去しなければなりません。
住宅型有料老人ホームは入居するときに介護が不要な人、必要な人を対象としています。
ホーム自らは介護サービスは提供していないので、自宅同様に、外部の介護事業者と別途契約する必要があります。介護付有料老人ホームは介護不要者と要介護者が共存する最も一般的な形です。
ホームの職員が介護サービスも行います。
ホームのスタッフによって介護を含む日常生活全般の支援が統括的に行われるのです。



入居者の状態によってどのホームを選ぶかは異なります。

有料老人ホームは人気のテーマです。

健康に不安がある場合は、最近では24時間看護職員が配置されているホームやクリニック併設のホームもあります。

サービスの種類も豊富なのでその中から自分にあったところを選びましょう。

NAVERまとめ情報選びを親身になってアドバイスいたします。

特養の場合は入居待機者が40万人と多いですが、民間の場合はホームに空室があれば入居がいつでも可能です。